バリ島ギャニャール県ウブドを中心にのんびりと活動するウブドCH
  ウブドCHはバリ島のウブドを中心にのんびりと活動するワヤンと、その仲間のゆっくり進行のサイトです。
contents:コンテンツ
バリ島について
バリ島の風景
気ままなコラム
トランスポーターズ
晴れ時々掲示板
もっとバリ島
Toppage




バリ島について
 |  不思議な楽園  |  地理  |  宗教  |  気候  |  風景  |   |  舞踊・音楽  |  言語  | 
不思議な楽園
画像

 赤道直下に浮かぶ島、バリは昔から世界中の旅行者に愛されてきた小さな島です。
そこは心穏やかな人々が暮らす楽園のようで、ゆったりと時間が流れていると感じる島です。
きっとその不思議な感じをして、『神々の島』とか『最後の楽園』と称されたりするのでしょう。

 この島を表現するいろいろな言葉の中に、『世界の朝』というのがあります。
眠らぬことを文明と考える忙しい国々が、忘れてしまった『朝』が
この島にはあるのかもしれません。

トッケイが寝床に帰り
椰子の葉を漆黒に染めていた森の闇が
美しい薄紫色のグラデーションへと変化する朝
微睡みの中聞こえてくるのは、お供え物を掃除する箒の音
新しい香の匂い、バイクの音、鳥のさえずり

新しい一日の、新しい陽光と、新しい活気が
ゆっくりと島を包んでいきます

『今日もぶらぶら朝市へ 散歩へいこうかな』

画像

 バリですぐ覚える言葉『ジャランジャラン』“散歩”のことです。
通りをジャランジャランと散歩していると
『クマナ?(どこいくの?)』
日陰に座っている島の人が声をかけてきます。
旅行者は答えます『ジャランジャラン(ちょっと散歩)』
そして少し歩くと、また次の日陰から『クマナ?(元気?ドコ行くの?)』と声が...

滞在が数日過ぎると、そんな無目的な散歩が心地よくなってきます。
湿った紙に書きつけた予定表は、机の上からいつしかなくなり、
何をするにも、朝日と天気を見てからとなり
『さて、目標は1日に1つ』

『今日は魚のサテを食べよう。どんな出逢いがあるかなぁ』
そんな無為でからっぽになる休日がこの島にはある気がします。

画像

ドコいくの? あっちへね、なんかある感じ
ドコいくの? 気が向いたからぶらぶらとね
この声掛けコミュニケーションのリズムに馴染み、
バリの時間の中をユルユルと馴染んでゆく自分。

南国の仕掛けはありますが、バリ島には積極的に癒してくれる特別な何かがあるわけではなく、
ただただ、そんなジャランジャランでユルユルとした時間が存在する気がします。

どこからともなく聞こえてくる、ティンクリックと呼ばれる竹楽器の優しい音色
遠くに聞こえるアイスクリーム売りの不思議なメロディ
どこまでも続くかに見える田圃と椰子の木
頭上でギラギラと輝く太陽

畦道におちる漆黒の自分自身の影
風と時間がユルユルと抜ける高床式の休憩小屋
軒先に入れてもらう旅行者

『あぁ この感じいいなぁ また来たいな』
と思ってから幾年月
きっと今日も島のどこかで旅行者が
そんなバリマジックにかかっていることでしょう

画像

 バリ島にはブラックマジック・ホワイトマジックと呼ばれる呪術信仰があります。
その術をかけるバリアンと呼ばれる呪術者は、
“結婚式の日を晴れにする術”や“喧嘩の相手が歯痛で不眠になる術”
“術を相手にリターンする術”などをかけることができるそうです。
 かつて小さな食堂で、バリアンらしき人が隣席になったことがありました。
両手が指輪だらけで独特の雰囲気をもった、眼の奥に鋭い光をもった男性でした。
 私はなにか話をしたわけではなく、目礼を交わしただけだったのです。
しかし、その店を後にして車で30分程走った時のことでした。
それは突然私の...


と言うような『バリ島不思議旅行記』を語りたがるのが
バリ病と呼ばれる、バリマジックの初期症状です。
このマジックは自覚症状がないままバリを語り、疎ましがられてもまだ語り
ついには友人を失うという困った病です。お気をつけください。

『バリ島は 変わってなかったか?』
いろいろな本を読むと、そんなことを1930年代からこっちずっと、世界中の旅行者が口にしているようです。
時代は変わってもこの島は多くの旅行者にとって、不思議な島であることは変わりないようです。

次ページ
目次
不思議な楽園
赤道直下に浮かぶ島、バリは昔から世界中の旅行者に愛されてきた小さな島です...
地理
バリ島は 南北におよそ90km、東西に140kmの扇形をした島で、大きさでは東京都の2.5倍...
宗教
バリ島が神々の島と呼ばれる所以は その宗教にあります。それはバリ・ヒンドゥーと呼ばれ...
気候
気候は4〜10月の乾季と11月〜3月の雨季に分かれています。しかし雨季とはいえ、ずっと雨が...
風景
南部の発展はめざましく、どんどんと新しい建物が建設されています。道路も綺麗に整備されて...
豊富なレストラン以外にも、ワルンと呼ばれる雑貨屋兼食堂や、カキリマと呼ばれる手押しの...
舞踊・音楽
バリの文化は宗教に深く根ざしています。舞踊や音楽は、神に捧げるお祭りに欠かせない要素...
言語
バリはインドネシア語とバリ語を使う島です。インドネシア語は世界で一番覚えやすい言語...


 |  不思議な楽園  |  地理  |  宗教  |  気候  |  風景  |   |  舞踊・音楽  |  言語  | 
WAYAN WIDIA & JUN UBUD CH TRANSPORTERS. Silih Silih Kambing
Copyright 2006 UBUD CH TRANSPORTERS.
2008 BALI CALENDAR
2009年の行事
9/4
(金)
満月
9/18
(金)
新月
10/3
(土)
満月
10/13
(火)
ガルンガン前日祭
10/14
(水)
ガルンガン
バリのお盆 祖先が帰ってきます。210日の暦周期
10/15
(木)
マニスガルンガン
10/18
(日)
新月
10/24
(土)
KUNINGAN
クニンガン

バリの送り盆
11/2
(月)
満月
11/17
(火)
新月
12/1
(火)
満月
12/16
(水)
新月
12/31
(木)
満月
ギャニャール・ウブドのマニアック情報収集中!
2009年おわったもの
1/3
(土)
SARASWATI
サラスワティ

知識の女神・本の日。
1/7
(水)
パグルウェシ
1/10
(土)
満月
1/25
(日)
新月
2/9
(月)
満月
2/24
(火)
新月
3/17
(火)
ガルンガン前日祭
3/10
(火)
満月
3/18
(水)
ガルンガン
バリのお盆 祖先が帰ってきます。210日の暦周期
3/19
(木)
マニスガルンガン
3/25
(水)
新月
3/26
(木)
NYEPI
ニュピ

バリの新年・外出禁止・灯りも禁止で島中が静寂に包まれる瞑想の日 おごそかな一日
3/27
(金)
ジュンバックジェニ
ニュピの翌日/クニンガン前日
3/28
(土)
クニンガン
バリの送り盆。210日の暦周期
8/17
(月)
独立記念日