バリ島ギャニャール県ウブドを中心にのんびりと活動するウブドCH
  ウブドCHはバリ島のウブドを中心にのんびりと活動するワヤンと、その仲間のゆっくり進行のサイトです。
contents:コンテンツ
バリ島について
バリ島の風景
気ままなコラム
トランスポーターズ
晴れ時々掲示板
もっとバリ島
Toppage




気ままなコラム

■神様だらけ、お祭だらけの島...

サテ
お久しぶりのプランプラン日記
ワヤンの村の100年に一度のお祭も終わってしまい、日本も本格的な夏に突入です。
ここ日本のとある街も連日、気温33度/湿度70%超えと
容赦のない夏の日差しが照りつけています。
あまりに暑いので今日は★ビールでも飲みながら
バリのお祭についてプランプランと書いてみます。

サテサテ
神々の島、お祭の島、バリ。
バリでお祭というと、年に数回の特別な行事ではありません。

毎朝のお祈り、週一の家族のお祭、村のお祭、地域のお祭と
毎日の生活の中にたくさんの祈り・神様があります。
いったい今日はどこでお祭が行われているか?
全部は神様以外わかりません。

■

今日もバリには、街中にお祭があふれています。

『生活に宗教が深く根ざしている』
言葉にしてしまうと簡単ですが、
個人を中心にしすぎて、だんだんお互いに窮屈になっている日本から見ると、
バリの社会は懐かしくもあり、いや日本より全然先に行っている感じもします。

お祈りする
神様がやってくる
悪霊が嫉妬する
お祈りする

バリに数日滞在して、夜の森をぼーっと見ていると、
それが普通のことに思えてきます。

『いる』か『いない』かではなくて、
ただ感じる。
島の人々の『想い』の集合体である『神様』
その想いの強さは確実にあります。

■

1930年代からオランダ・ドイツをはじめ、いろいろな国の人がバリを訪れるようになりました。
当時はバリ北部の港町シガラジャに上陸して、キンタマーニ高原を超えて、
ウブド、サヌールへと陸路を南へと下ったようです。

そして面白いことに当時から、バリを訪れた旅行者の間では
『バリは変わってなかったか?』
という言葉が交わされていたようです。
これは70年以上たった今でも、変わらず世界中の旅行者を魅了している
バリの魅力の源を指しているような気がします。

他国の暮らしにあれこれ言うのは愚かですが、ついつい聞きたくなってしまう
変わって欲しくない『想い』がこの島にはあるのかもしれません。

サテサテ
そんなことを言いながら
カルフールができたらしい とか
クリスピークリームドーナッツで1ダース買うと
1ダースおまけに付けてくれるらしい とか
変わり行くバリの情報が気になってしょうがない

■

新しもの好きの『想い』って
どんだけ〜(一度言ってみたかった)

というお話し
↑ 一覧に戻る

WAYAN WIDIA & JUN UBUD CH TRANSPORTERS. Silih Silih Kambing
Copyright 2006 UBUD CH TRANSPORTERS.
2008 BALI CALENDAR
2009年の行事
9/4
(金)
満月
9/18
(金)
新月
10/3
(土)
満月
10/13
(火)
ガルンガン前日祭
10/14
(水)
ガルンガン
バリのお盆 祖先が帰ってきます。210日の暦周期
10/15
(木)
マニスガルンガン
10/18
(日)
新月
10/24
(土)
KUNINGAN
クニンガン

バリの送り盆
11/2
(月)
満月
11/17
(火)
新月
12/1
(火)
満月
12/16
(水)
新月
12/31
(木)
満月
ギャニャール・ウブドのマニアック情報収集中!
2009年おわったもの
1/3
(土)
SARASWATI
サラスワティ

知識の女神・本の日。
1/7
(水)
パグルウェシ
1/10
(土)
満月
1/25
(日)
新月
2/9
(月)
満月
2/24
(火)
新月
3/17
(火)
ガルンガン前日祭
3/10
(火)
満月
3/18
(水)
ガルンガン
バリのお盆 祖先が帰ってきます。210日の暦周期
3/19
(木)
マニスガルンガン
3/25
(水)
新月
3/26
(木)
NYEPI
ニュピ

バリの新年・外出禁止・灯りも禁止で島中が静寂に包まれる瞑想の日 おごそかな一日
3/27
(金)
ジュンバックジェニ
ニュピの翌日/クニンガン前日
3/28
(土)
クニンガン
バリの送り盆。210日の暦周期
8/17
(月)
独立記念日